グローバリズムが最大のデフレ要因

さて、色々な経験から心機一転、まずは良質な記事の供給に努めよう、そうしようと決心したコテヤンです。

ということで本日の本題。
デフレの要因てのは色いろあるわけですが、突き詰めていくと「グローバリズム・新自由主義」というイデオロギーに全て行き着くのだという話です。
まず簡単なおさらいをしますとデフレ=供給>需要という状態です。こうなるとモノの値段も下がるんですが、それ以上のペースで所得が下がるので実質的には一般国民は貧乏になってしまうという訳です。

様々な有識者(?)が「少子高齢化が~」とか「若者の○○離れ」とか「国際競争力がどーのこーの」とか言ってまして、政府ですら景気が悪いと天気のせいにするわけですが…本質的にはグローバリズムこそがデフレの最大要因なのだと思います。

グローバリズムや新自由主義と言われるものの政策の中身、これはどういうものでしょう?
1)小...

ご支援くださる方はクリック→