食と文化と新自由主義と人

[壁]д・)チラック、クリック…


また日付間違えちゃった…これは5月7日曜記事です
今日は一風変わった趣向でして…食文化や食生活なんてものを交えながら現在の日本経済や政治を語ってみよう、などということを考えています。


塩分のとりすぎ=高血圧というのが「常識」という風潮が日本にはあるわけで、厚労省とかも1日10グラム以下を推奨しているそうです。
しかしこれ、実は科学的に疑問視されてるんですね。
そりゃ取り過ぎは体に良くないわけですけど、そもそも塩なんて取り過ぎようたって、あの塩辛いのをどうやったら取り過ぎられるのか?という話なんですよね。舌が麻痺してないかぎりは。

んで実は塩分を取らなさ過ぎると健康リスクが高くなるって研究結果もあるようです。
ところが日本ではなぜか「取り過ぎ」だけ取り上げられて、「取らなさ過ぎ」のリスクは一切無視される。
これって公共事業...

ご支援くださる方はクリック→