④染み出し効果も消えてしまった日本

④染み出し効果も消えてしまった日本

物価上昇目標を達成する責任は、どこの国でも中央銀行に課せられていますが、これは妥当であろうと思われます。仕事を遂行する現場である日銀としては、役割さえ果たせば結果はどうなろうと知ったことではないということにはならないし、何より、物価上昇目標が達成できない場合は、その要因を解明する責務を負っているはずだからです。本来、日銀に与えられた権限に基づく金融緩和は、金融機関が積極的に国民にお金を貸し込ませるために行うものです。伊達や酔狂で、日銀に金融政策の権限を与えているわけではないし、また、金融機関に貨幣を移転しているわけではありません。ですから、本来、日銀は金融機関が国民にお金を貸すところまで確認し、不全がある場合は原因を解明しないと、日銀の責務は完了したことにならないはずなのです。金融緩和の建前として、少々、金融機関が中小企業融資に消極的になっていたと...

ご支援くださる方はクリック→