【あってもいいじゃないか】瑞穂の国の経済学【影の奉仕】

【影の奉仕】

進撃の庶民はどこの政治団体にも属さない完全フリーの有志による非左翼系言論グループです。
人気ブログランキング支援だけが活動の源です!




動物も植物も各々が生育する環境に適した形で生存しています。

国家もしかり。そこで暮らす国民もしかり。


であるのならば、経済学もそうでなくてはならないのではないでしょうか?





上記の本で、日本と世界の大都市の地盤の違いについての記述があり、非常に勉強になりました。

日本の大都市は6000年前以降に河川が押し出してきた土砂が形成した土地で極めつきの軟弱地盤であり、他の国の大都市は固い岩盤なのだそうです。

この地盤の違いによって、マンション一つを建てるにしても日本の方が建築費が高くつくとのこと。

インフラ関連についても言わずもがな。

日本はこれ一つをとっても、ハン...

ご支援くださる方はクリック→