企業の妊活支援

今日はこんな記事です。

「妊活」~子供が欲しい――社員の悩みを企業が支援不妊治療のための休暇・休職制度も増加

「ブラック企業」など、企業は社員を働きづめにして子供を産めなくする、少子化対策の敵のようなイメージがあります。

一方で、少子化対策に力を入れる企業もあります。このブログでは、企業の出産金制度をいくつかご紹介してきましたが(例えばこちら)、今日紹介する記事では、企業が「妊活」を支援している例をいくつか挙げています。

以下抜粋です。

最近では、子どもを望み、妊娠・出産を目指す社員の「妊活」を支援する企業が増えています。サイバーエージェントでは、2014年から女性の活躍を促進する総合制度「マカロンパッケージ」を導入、その中に妊活支援策を盛り込みました。外部の専門家を呼んで、個別に妊活に関するカウンセリングを行う「妊活コンシェル」や、不妊治療の通院などで休暇を...

ご支援くださる方はクリック→