②政府債務とマネーストック

②政府債務とマネーストック

マネーストックは、生産活動に関連する貨幣の量を測ろうとする試みであると推測されますから、中央政府および金融法人の保有する貨幣が除かれていると言うことは、中央政府および金融法人が保有している段階では、いまだ生産活動の役に立っていないと考えられると言うことです。政府が債務を拡大して行う政府支出によって、民間の保有する貨幣であるマネーストックが増えるし、また、金融機関が民間に対して行う信用創造によってもマネーストックが増えます。考えてみれば、確かに、中央政府も金融機関もマネーストックを作り出す機能を持っており、作り出す側の未使用貨幣を統計に入れるのは目的に適わないようにも思われます。金融機関は、預金を元手に企業や国民に融資を行いますが、そのとき、預金が減っているのではなく、金融機関が独自に貨幣を発行し、企業や国民に貨幣を融資をしたものと見なされます(信用創造)...

ご支援くださる方はクリック→