③物価とマネーストック

③物価とマネーストック

「物価に影響を与える貨幣の量」を測るということは、単に、マネーストックがいくらということで済むようなことではありません。個人金融資産という指標はさらに遠いと言えます。 マネーストックには様々な種類があり、金融金庫に眠っている貨幣、個心から国債購入に充てられ凍結されている貨幣、あるいは、タンス預金されて家庭に眠っている貨幣まで含んでしまいます。金融資産に至っては、株券や民間債権といった信用度が最低のギャンブル市場を回っている貨幣まで含んでしまいます。マネタリーベースも、金融機関が抱き込んでしまい、投資信託ばかりに使われるので当てになりません。これらが、「物価に影響を与える貨幣の量」かというと、それは違うというしかません。それでは、物価に影響を与える貨幣とは何かということですが、現代の経済学ではそれがはっきり切り分けられないのです。貨幣数量説では、(マネ...

ご支援くださる方はクリック→