②金融資本主義による国際的な犯罪

②金融資本主義による国際的な犯罪  2001年から住宅バブルが崩壊した2008年まで、アメリカでは、さかんに、間接金融で融資された債権も証券化されて直接金融に転換されました。そうすると、間接金融で一旦マネーストックが増えても、債権が証券化されて売却された時点で、貨幣が金融機関に回収されてしますから、再び、マネーストックは減ってしまいます。2001年から住宅バブルが崩壊した2008年までの住宅ローン残高は7年間で6兆ドル増加していますが、マネーストックは2兆ドルしか増えていません。4兆ドルは証券化、つまり、直接金融化されたのです。 この時、アメリカでは、間接金融の商業銀行が融資した住宅担保債権がCDO(債権担保付証券)に転換され、それを投資銀行が買取って証券市場で販売していました。この不良債権の塊であるCDOを掴まされた多くの投資家、投資運用会社が損害を受けたの...

ご支援くださる方はクリック→