都道府県別第一子出産時の年齢と出生率

合計特殊出生率は都道府県別に計算することができ、東京の1とか1.1とかいうものすごい低い値から、沖縄の1.8前後まで大きくばらつきます。

このような違いがなぜ生じるのか、ということについては、このブログでも様々な記事を紹介したり、自分でデータを解析して図を描いたりしてきています。

今日紹介するページは以下です。

「父親・母親の年齢」と出生率-脱少子化へ・都道府県別データが示す両者の関係性-天野馨南子

父親、母親それぞれについて、第一子出産時の平均年齢と、合計特殊出生率を県別に比較したものです。

結果についてはぜひ元記事をご覧いただきたいですが、両者の間には強い負の関係、つまり第一子出産平均年齢が高い都道府県ほど合計特殊出生率が低い、という結果がはっきり出ています。

上述の東京では男性が34歳、女性が32歳を超えており、他県から並外れて高くなっています。b...

ご支援くださる方はクリック→