戦後日本史を真正面から受け止めて【影の奉仕】

進撃の庶民はどこの政治団体にも属さない完全フリーの有志による非左翼系言論グループです。
人気ブログランキング支援だけが活動の源です!



【影の奉仕】

本日は凄く的外れな内容になるかも知れませんが、間違った認識ならご遠慮なく指摘してくだされば幸いです。

昨年、図書館で以下の本を借りました。




詳細は忘れたのですが、一つ、印象的な事柄が記載されておりました。

なんと、アメリカは、海上自衛隊創設にあたり、日本に「軽空母4隻」を保有させる計画を持っていたんです。

しかしながら、「日本側」がその計画を拒否しました。

日本側の意思で、軽武装国家を選んだんですね。

この事を知ってから、私の中での戦後の日本史観というものが変わってきました。

今の日本が自主防衛を果たせないのは、何もアメリカのせいではなく、日本人自らがその道を選んだか...

ご支援くださる方はクリック→