③悪しき弊害をもたらすマイナスの事業効果

③悪しき弊害をもたらすマイナスの事業効果

公共投資の事業効果が客観的に量れるものではないにしても、優先順位の問題は存在します。東日本大震災で露呈したことは、小泉構造改革以来、公共投資を削り続けて来た結果、日本が災害にひとたまりも無いような脆弱な国土になってしまったことです。これを放置して、先に贅沢な、あるいは、無駄な道路や施設を造ることは国民感情としても受け入れられないでしよう。また、中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故など、耐用年数超過によるインフラのダメージが顕在化しています。直ちに着手しなければならない、国民生活の安全保障に関わる公共投資が眼前に山積しているのです。しかし、そのような喫緊の公共投資先が見当たらない場合は、どのような贅沢な施設を造ろうとも問題ありません。天下り先になるとか、政治家の利権になるとかの問題もありますが、これはまた別の問題です。公共投資は国民の利益の...

ご支援くださる方はクリック→