不毛な議論

今日はこんな記事です。

国会で本格論戦再開保育士問題で安倍首相と民進・山尾氏が激論

国会論戦の様子です。

民進党が「保育士給与5万円アップ」の法案を提出したが、審議されていない、というクレームをつけて、そのあとのやりとりが紹介されています。内容にはふれません。揚げ足取りに近いので。

問題は、野党も与党も内閣も保育士を給与を上げたいという考えは共通しているにもかかわらず実現しない点です。

結局のところ、内閣・与党は財源の目途が立たないために給与を上げることができないわけです。財源を確保できていないのに法律を作るわけにもいかないでしょう。

ですから本来議論すべきは「どこから財源を引っ張ってくるべきか」ということになるはずなのです。

民進党は「公共事業の削減と法人関係の所得の改廃などで確保する」と主張していましたが、具体的な削減案は見たことがありません...

ご支援くださる方はクリック→