保守とはなんだろうか?

[壁]д・)チラック、クリック…

先日、進撃の庶民さんの【実践主義】藤井聡教授【影の奉仕】のコメント欄で大変興味深い議論がされていました。
ちなみにこの記事のタイトルは中野剛志氏の著作と一緒ですが、気にしないでください(笑)レビューではありません。


その中で議論されていたことが正に「保守とはなんだろうか?」と言うことです。
色々定義の仕方があろうかと思いますが、コテヤンは考えているうちに「ネーション(共同体)を大事にする姿勢では?」となりました。
例えば議論の中にあった「自分たちの国を自分たちで守ること」も「自分たちの共同体を破壊されないように務めること」と言い換えられますし、例えば共同体の中、という意識があるからこそ「同じ共同体の人に優しくする」事もできるのだと思うのですね。

文化や伝統、歴史や慣習についても「その共同体を大事にし、属する上で」知っておかなく...

ご支援くださる方はクリック→