②土地の有効利用のための追い出し税を全国化してはいけない

②土地の有効利用のための追い出し税を全国化してはいけない

竹中平蔵氏は、ある論文で土地の保有コストが低い場合より高くしたほうが、土地の有効利用(休眠させない利用方法)につながるとも言っています。この言説は、今や、竹中平蔵氏のみならず多くの経済学者においてもスタンダードなものになっています。誰もこのことに疑問を持たないのは不思議です。有効利用のための流動化を必要とする地域は大都会などに限られているのに、税は全国で普遍的に課税されるものですから、局地的問題と普遍的問題とのズレを生じさせるはずです。局地的問題である土地利用や都市計画について、国民に普遍的に課税される税制を利用することは不適切です。税は公平・中立でなければならないという意味は、そのような個別対策に利用すべきではないということでもあります。東京の商業地域の真ん中に住宅が存在するという問題、または、東京で住宅が買えないという問...

ご支援くださる方はクリック→