保育の実情と保育環境の在りようについて

保育の実情と保育環境の在りようについて、内閣府所管の公益財団法人「日本教材文化研究財団」がまとめた論稿がありましたので、それをさらにまとめてみました。平成22年3月に発表されたものです。
http://www.jfecr.or.jp/publication/pub-data/kiyou/h22_39/t2-2.html

★保育施設の適正化と現状

小泉内閣の進めてきた民営化は福祉分野まで及び、さらに1997年からの社会福祉構造改革で検討、開始され、2000年に社会福祉事業法等の改正によりサービスという概念が導入され、これまでの「措置制度」から「利用者主体」とし、「利用者の選択を尊重」することを考える方向に転換されました。
元々、保育所に関しては、児童福祉法に基づき国の指導監督のもと併存してきましたが、小泉改革以降、公立保育所の民営化が進みます。保育所の民営化とは、これまで市...

ご支援くださる方はクリック→