地方の需要が消失 マイナス金利の弊害指摘 協同金融研で鳥畑教授 – 農業協同組合新聞


農業協同組合新聞 >>記事全文

地方の需要が消失 マイナス金利の弊害指摘 協同金融研で鳥畑教授 >>記事全文
農業協同組合新聞
協同金融研究会(代表=齊藤正・駒沢大学教授)は5月20日、都内で研究会を開き、マイナス金利政策による地域経済と生活への影響をテーマに意見交換した。研究会では静岡大学の鳥畑与一教授が報告。「地域循環のシステムが破壊され、需要が消失している」と、マイナス ...

ご支援くださる方はクリック→