都道府県別平成27年合計特殊出生率

今日は昨日に続いて平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況からです。

合計特殊出生率は都道府県別に計算することができます。今日は平成27年の都道府県別合計出生率について気がついたことを書いてみます(リンク先の7ページをご覧下さい)。

例年通り、一番高いのは沖縄県、低いのは東京都です。

沖縄県は1.94と2が目前に迫ってきました。待機児童が東京の次に多いというのにすごいことです。

東京は1.15→1.17。かなり保育園を作っているはずですが、大した効果がありません。保育園の有無とは別の問題ということでしょうね。

ワースト2位は今年も京都府。いろいろ努力していますが、やっぱり足りていません。

ほとんどの都道府県で合計特殊出生率は増加しましたが、唯一横ばいだったのが岡山県(1.49)。

もっとも増え幅が大きかったのは島根県(1.66→1.80)。都...

ご支援くださる方はクリック→