社会批評としての建築

水曜日は、みぬさよりかず氏による経世済民・建築論です!


人気ブログランキングへ

経世済民・建築論『社会批評としての建築』

『50×50×50=12万5千倍の競争』


私は十代の頃にカーデザイナーに憧れていたのですが、高校生の時に進路について色々調べてみて厳しい現実から断念しました。

専門教育を受ける大学のデザイン学科の卒業生で、自動車メーカーに就職するのは1人いるかいないかで、そもそも入試も大変だが、その先の就職が、かなり難しそうだと分かりました。更に就職したデザイナーがクルマのごく一部分、例えばテールランプのデザインしか任されていないとの話を聞いて「夢が無いな」と思い諦めたのです。

つまり極端に表現すれば、入試50倍、就職50倍、仕事50倍、計12万5千倍!の競争を勝ち抜かなければ、生き残れない厳しい世界なのだと、当時は感じました。

ただ...

ご支援くださる方はクリック→