駒崎弘樹氏の少子化対策

今日はこんなコラムです。

小泉進次郎さんに伝えたこと

駒崎弘樹氏による子育て支援のあり方についてです。

要点をまとめてみましょう。
・子育て支援は成長戦略である:保育サービス等の子育て支援は、女性労働力率を向上させ、労働生産性成長率を高め、よって1人あたりGDP成長率を押し上げる。
・就学前教育(保育)の投資対効果は高い:就学前に質の高い教育を与えることにより、成人後の所得、持ち家率、生活保護非受給率が高くなる。
・日本は子育てに公的なお金をかけていない:国がかけていないかわりに親が負担している。
・高齢者にお金がかかりすぎ
・提案:相続税の税収拡大と被扶養配偶者優遇制度の限定によって7.6兆円の税収増を目指す

子育て支援が成長戦略であるという点は賛成です。もっとお金をかけてよいと思います。

就学前教育の投資対効果は、1960年代のアメリカで行われた...

ご支援くださる方はクリック→