「殿、利息でござるー2」【ソウルメイトの思想】

本日より木曜日は、隔週でソウルメイト様の寄稿コラムをお届けいたします!

現在公開されている映画から話を広げ、現代における日本政治家、公務員の精神のありようを問いかける超長編の力作です。あまりの面白さ、深さに私は何度も読み直しました。

皆様はどのような感想を抱かれますでしょうか?

それでは、皆様もじっくりと味わいながら読んでくださいませ^^/


人気ブログランキングへ


「殿、利息でござるー2」~ソウルメイト様




「殿、利息でござる」という映画は、奥州伊達家仙台藩領内にある吉岡宿の住民が重い公租公課に耐えかねて、このままでは、住む人はいなくなってしまう、なんとかならないものかと一計を案じ、藩に金を貸しつけて利息をとって苦境を脱しようという苦肉の策をいかにして実現させるかという物語であります。

しかし、そもそも、藩が課す公租公課が重過ぎ...

ご支援くださる方はクリック→