事業承継対策は急務、国や金融機関は実のあるサポートを!

筆者も業務の関係上、中小企業の経営者と話をする機会が多いが、経営者の高齢化が年々進んでいることを実感する。東京商工リサーチの調査によると、2015年の全国社長の平均年齢は、前年より0.2歳延びて60.8歳になったそうで、事業承継手続きが遅れていることが窺える。社長の年齢分布は、特に70代以上の社長の構成比が上昇する一方、30代以下は伸び悩み、社長の高齢化に拍車がかかっているようで、社長年齢と業績の相関では、社長が若年なほど「増収増益」企業の比率が高い傾向がある一方で、社長が70代以上ほど「赤字」企業率が高らしい。また、2015年の「休廃業・解散」企業は、社長が70代以上の企業が全体の4割(46.5%)を占めており、承継が進まぬうちに廃業せざるを得ない企業が数多くある。筆者が話をする経営者(たいがいは50~70歳代)も、元気な経営者ほど、業績の良し悪しに関係なく後進に道を譲ろ...

ご支援くださる方はクリック→