舛添要一と第三者とマスコミ

舛添要一東京都知事は、一連の「公私混同問題」の調査を2名の「第三者」に依頼し、調査結果を公表しましたが、「本人が選任した委員が調査をするのでは信用できない」などと、テレビや新聞などマスコミが厳しく批判しています。私も、第三者の公表した調査結果や舛添氏の説明には到底納得できません。ただ、そのことをマスコミが指摘していることに対しては全く説得力を感じません。


マスコミは各放送局の出資でBPO(放送倫理・番組向上機構)という報道内容を検証する外部機関を設けているほか、放送局が自主的に自社に第三者委員会を設けるなどしています。また、新聞社も自社の報道を検証する第三者委員会を定期的に開き、紙面に掲載する場合もあります。一見、中立公正、厳格な検証を行っているように思えますが、実はそうではありません。これらの第三者委員会は、マスコミ各社自身が出資し、メンバーも選んでおり中立公正とは到底言えず、...

ご支援くださる方はクリック→