豊かになる国、衰退する国

[壁]д・)チラック、クリック…
うん、なんだか大仰なタイトルですね。基本的にコテヤンは歴史好きでして、ところが歴史年表をおってもわからないことが沢山出てきて、そこで経済に関心を持ったり、軍事に関心を持ったり、政治に関心を持ったわけです。最近ではもっぱら現代の世界の政治、経済、軍事等々が大きな関心なのですけど、豊かになる国と衰退する国の分かれ目というのは、こういうことなんじゃなかろうか?なんて思ったので書いてみます。 まずもって歴史の中からある程度の例を見つけることは可能ですが、政治体制が違うので一概には論じられない…ということで現在の飲酒主義…じゃなかった(笑)民主主義の国々を見てみたいと思います。ざっと見渡すとEUはどうも国民主権の一部、つまり金融政策だとか財政政策といったものを制度的に手放しております。アメリカは?というと確かに世界の覇権国の地位からは滑り落ちようとして...

ご支援くださる方はクリック→