自民党は小泉改革を反省せよ!

1997年の消費税増税以降、我が国は失われた20年と言われるように、デフレと景気低迷が続いています。それは賃金水準の低迷に顕著です。連合のレポートによると、この間7.3%低下したとあります。
https://www.jtuc-rengo.or.jp/roudou/shuntou/2015/shuukei_bunseki/04.html

主な原因としては、筆者は大きくは次の2点だと考えています。

一つには、橋本内閣から始まったグローバリゼーションを含む過剰な規制緩和等の構造改革、もう一つには、消費税増税や行政改革の断行に象徴される緊縮財政です。

後者については、特に公共事業と公務員の削減について、何度か拙ブログでも取り上げてきました。また、三橋貴明氏や藤井聡氏が、緊縮財政のマクロ経済に与える負の影響を繰り返し訴え、同時に緊縮財政等が国家の安全保障基盤を脆弱にさせるという...

ご支援くださる方はクリック→