ブラック保育園

今日はこんな記事です。

ブラック保育園が跋扈してしまう2つの要因

保育園の数を増やすことも重要ですが、質を落とさないことも同じくらい重要です。子供の命が奪われるようでは、文字通り元も子もありません。

記事で指摘されているのは、一つが行政の問題です。行政が定期監査で不正会計処理を見逃している、という指摘です。

もう一つが深刻です。保育行政にかかわる人材の問題です。

保育行政についてはいくつか指摘しており、一つは、行政側の対人交渉能力が低いことです。近頃保育施設整備が近隣住民の反対運動によって中止や延期になっていることが話題になっていますが、この問題の原因が、行政と施設整備者の対人交渉能力の低さにあると指摘しています。

もう一つが、社会福祉法人の施設長の能力です。記事によれば、施設長の子供が施設長を継ぐことが多いそうで、しばしば施設長に能力が足りないケース...

ご支援くださる方はクリック→