自民党の提言(「共生の時代」に向けて 外国人労働者受け入れの基本的考え方)について

http://jimin.ncss.nifty.com/pdf/news/policy/132325_1.pdf

先月、24日に木村義男議員が委員長をする自民党の「労働力確保に関する匿名委員会」が政策提言しました。同委員会は「移民受け入れ委員会」としてネット上では、批判されてました。

2項の提言を添付しましたので、ご確認お願いします。

一読したところ要点がいくつかありましたので列挙します

①業務実態にかかわらず「単純労働者」という表現をつかわない
②専門職以外の外国人労働者の受け入れに関する閣議決定は、2015年日本再興戦略における「国民的合意のあり方を含めて政府横断的に検討する」というものしかない
③現状の約90万人の外国人労働者が倍増しても対応できる環境を整備(期間は指定されず)
④在留期間は当面5年(帰国・再入国・更新可能)
⑤「移民」とは入国時点で...

ご支援くださる方はクリック→