自由貿易論の帰結

あい、コテヤンです。どーももう「議論にならない議論ごっこ」がどうしようもなく嫌になってきている今日このごろ。これは号外なので料理も動画もないよっと(笑)本日の本番記事は下記英国のヘイトクライムの報道について[壁]д・)チラック、クリック…
まずもって議論とは何のためにするのか?というと「お互いの知見を高めるために、お互いの論を検討する」というものだと思うのですね。つまり勝ち負けもないし、どっちが正しいと結論を出さなくても良いわけです。決定的に立場が異なる場合は議論にならずに、討論になるわけですが、討論の場合は第三者的な立場の人間が必要なんじゃなかろうか?と思う今日このごろ。つまりどっちの論が説得力があるか?を判断するオーディエンスですね。 先日来、リカードの比較優位論などの自由貿易論の議論ごっこをしていたのですけど、まぁ不毛な時間でした。反省。おおまかに言って最初は「資本移動...

ご支援くださる方はクリック→