親や企業が結婚への雰囲気づくりを怠っている

今日はこんなコラムです。

未婚化と少子化に立ちはだかる「まだ若すぎる」の壁-少子化社会データ検証:「逆ロールモデルの罠」-

ぶっちゃけ、わかりにくい文章です。内容を要約すると、たぶん「進学率が上がって就業開始時期が遅くなっているのに、親や企業が結婚への雰囲気づくりを怠っているので未婚率が上がり、少子化が進んでいる」ということだろうと思います。

もっとも、「だからどうしろ」ということは何も書いていないのですが。

親が「結婚しろ」といって子供が結婚する時代ではないように思います。いくら雰囲気を作っても無駄でしょう。代理婚活くらいまですれば、ひょっとしたら効果はあるかもしれません。

一方、企業は難しくないと思います。このブログでは、従業員の子供数に応じて法人税を優遇するというアイディアを提案しています。

従業員の子供数が企業の利益に直結するようになれば、企業...

ご支援くださる方はクリック→