東京一極集中解消こそ最大の渇水対策

首都圏の「水がめ」となっている利根川水系の8つのダムで冬の雪不足などが原因で水量が減っており、10%の取水制限も開始され今のところは生活や産業への影響はほとんどないものの、今後の影響拡大が心配されています。今後の雨で改善されることを願いたいと思います。


今後の地球規模の気候変動による記録的少雨に備えることも国土強靭化の観点において重要であり、政府が年間数十兆円規模の財政出動を継続的に実施し、雨水や下水の再利用、海水の淡水化、井戸の整備、節水型設備の普及などの渇水対策を首都圏のみならず、全国で進めていくことが必要です。


ただ、首都圏の渇水対策については上記だけでは不十分だと思います。私は愛媛県の瀬戸内側の地域に住んでいますが、この地域は降雨量が少なく、四国で最も人口が多い松山市の水源はダム(石手川ダム)が一つと地下水だけで、水源が地下水のみの市町もあります。平成6年の「...

ご支援くださる方はクリック→