英断

世界中が注目した英国のEU離脱の是非を問う国民投票の結果は、「離脱派」が勝利したと報じられた。事前の世論調査では、投票一週間前に労働党所属の残留派議員が殺害されるというショッキングな事件が起こり、離脱派を取り巻く熱が一気に冷め、残留派がやや優勢との報道もあったため、この結果には筆者も少なからず驚いている。
と同時に、今回の投票結果が、ここ20~30年余り世界中を席巻した新自由主義的潮流から舵を切る転換点となることに期待したい。
マーストリヒト条約には、EUの目的として、
(a)域内国境のない地域の創設、及び経済通貨統合の設立を通じて経済的・社会的発展を促進すること
(b)共通外交・安全保障政策の実施を通じて国際舞台での主体性を確保すること
(c)欧州市民権の導入を通じ、加盟国国民の権利・利益を守ること
(d)司法・内務協力を発展させること
(e)共同体の...

ご支援くださる方はクリック→