”大切な保育園の父母の会!”

「保育園落ちた」という匿名ブログがきっかけとなって待機児童問題への世間の関心が高まるなか、民主党は公共事業費の削減などを財源として、保育士の給与を5万円引き上げるなどの待機児童対策を進める法案を今国会に提出するそうです。


私も待機児童対策は非常に重要だと思います。待機児童解消には保育士の待遇改善が不可欠であり、月額5万円アップでも私はまだ不十分だと思います。月額10万円以上引き上げ、全産業平均の賃金水準と同程度かそれを超える水準にすべきだと思います。


ただ、その財源を公共事業削減によって捻出するのは反対です。待機児童対策などの子育て支援政策の目的は、未来を担う子ども達の健全な成長を支援し、より良い未来を実現することです。つまり、これは「未来への投資」です。一方、公共事業も子ども達の未来をより良いものにするために不可欠な「未来への投資」です。待機児童対策の財源調達のため...

ご支援くださる方はクリック→