全体を俯瞰し思慮する話

はいまいどコテヤンです。参院選迫ってきましたです。一部報道では自民党有利、一部報道では案外野党がなどとあてにならない選挙予測が流れてまして、どーなることやら。ちなみに本稿は6月24日20時30分くらいに書いてまして、イギリスのEU離脱が決定、イギリスの賭けでは離脱しない派が圧倒的オッズだったのですが、世の中の予測てホンマに当てにならんなぁ…と(笑)[壁]д・)チラック、クリック…
んでトクヴィルやカール・ポランニー、ケインズ、コールリッジなどを中野剛志氏に言わせると「学問は極めればここまで予測できるのか…と思います」と動画で言っていたような、言ってなかったような…しかし中野氏が2012年辺りにに書いた本のいずれもが、示唆に富み、これからの状況を割りと正確に予測していた、と言うのは驚くべきことで、本日は柴山桂太氏の「静かなる大恐慌」(2012年著)を読みますと、おおよそこの界隈で今行われて...

ご支援くださる方はクリック→