保守・リベラリズム・リバタリアニズム

[壁]д・)チラック、クリック…
なんか最近思想についていろいろ考える機会が増えてきているコテヤンです。”自由”と言うものの概念をめぐって本日は考えていきたいなと。思想って基本的にややこしくしか説明できないのですけど、できるだけ簡潔に考えていきたいと思います。 まずそれぞれの思想、つまり保守、リベラリズム、リバタリアニズムに基本的な定義をしておきます。保守とは漸進的かつ慎重な変革しか望まない、配慮の思想と言えます。例えば政治は便宜的、配慮的に行われるものであるべきだし、一般原則などの原理ではなく、実践主義(プラグマティック)に現実を見つめながらすすめるべきだ、という考え方です。現実によって「やること」「主張すること」が変わるため、ハイエクなどからは「無原則!」と批判を受けてますが、それこそが保守思想なのだからしょうがない。ちなみにプラグマティズムはパースの提唱した哲学ですね。&...

ご支援くださる方はクリック→