H28都道府県別合計特殊出生率

厚労省が発表した平成28年度の人口動態のデータを見てみました。今日は都道府県別のデータを少しご紹介します。 下はH28年とH17年の合計特殊出生率です。横軸は、都道府県の番号で、左ほど北東、右ほど南西の県です。何度かご紹介してきましたように、ここ数年は合計特殊出生率は西高東低で、H28年もその傾向は明らかです。  一方、H17年は出生率が過去最低だった年(1.26)ですが、この頃は西高東低傾向は明らかではありません。 この11年の出生率の差を計算してみました。 西日本のほうが増加傾向が大きいことがわかるかと思います。 東日本で最も出生率の増加が大きいのが東京都です。元が低いから、といえばそうなのですが、それにしても悪いことではありません。 さて、下は「今年の出生率マイナス昨年の出生率」です。  増加が...

ご支援くださる方はクリック→