『出口戦略を語るべきは、“時代遅れの緊縮絶対主義”』

本日は、うずら様から『出口戦略を語るべきは、“時代遅れの緊縮絶対主義”』というコラムを頂いております! 人気ブログランキングへ来年4月に迫った黒田東彦日本銀行総裁の任期を巡り、「勇退か、続投か」と様々な憶測が飛び交っています。

花道づくりのために10年もの国債金利誘導目標の引き上げなど金融政策の正常化に手を付けるのではないかという勇退論があるかと思えば、あくまで2%のインフレ目標達成という公約実現を錦の御旗に来年度以降も続投するのではないかという見方もあります。

我が国の経済政策の要の一端を担う日銀総裁のポストを、黒田氏個人の花道づくりやプライド保持に絡めて論じること自体、奇妙な話であり、本来なら、黒田氏の去就なんてどうでもよい話です。

金融政策を考えるに当たり最も留意すべきポイントは、「日本初のインフレ・ターゲット政策(量的金融緩和政策=黒田バズーカ砲)という...

ご支援くださる方はクリック→