多子化してる?

今日も平成28年度の人口動態のデータからです。 今日は、多子化傾向について見てみました。 人口を一定に保つためには、合計特殊出生率を2以上に保つ必要があります。合計特殊出生率は女性が生涯の間に産む子供の数です。 日本では「未婚の母」は非常に少ないので、合計特殊出生率は「女性の既婚率」×「既婚女性が産む子供の数」という式で表すことができます。 女性の未婚率(=1−既婚率)は増加しつつあり、2015年で約15%です。ということは、既婚女性が産む子供の平均数が2人では足りず、3人以上産む女性が増えないといけない、ということになります。 今回示されたデータでは、第一子、第二子、第三子以上として産まれた子供の数が示されています。出生数は低下しているので、どのカテゴリーの子供数も減っています。下のグラフでは、各カテゴリーの割合を見ています。 ...

ご支援くださる方はクリック→