働き方改革のありかた

今日はこんなコラムです。 残業は「時間制限」だけしても何も解決しない 長時間労働の弊害はあちこちに出ていて、少子化もその一つです。男性が家事育児を手伝う時間が長い家庭ほど子供をもう一人持つことを考えやすいというデータがあります(どこに出ていたか忘れてしまいましたが・・・)。 政府は働き方改革と称して長時間労働をなくそうとしています。方向としては間違っていないと思います。しかし、やり方がよくない。基本的には、法律によって長時間労働を規制する、というかたちです。 一律に法規制することについては様々な反対意見があります。今日紹介するコラムも、どのような弊害があるかを具体的に例をあげて説明しています。 法律による規制は、「北風と太陽」でいうと、北風のようなものです。 企業は利益追求のために、もっと突っ込んでいうと、企業が生き残るために長...

ご支援くださる方はクリック→