年金支給前倒しによる子育て支援策

今日はこんなコラムです。 少子化対策の財源問題は、こうすれば解決に向かうと思います---香川健介 少子化対策では、必要性は誰もが認識していて、議論の余地がない状態です。 問題は、その財源です。野党がロクな仕事をできていないのも、結局のところ財源をどうするのか、現実的なアイディアを出せていないためです。厳密には、子ども国債などのアイディアがありましたが、党内をまとめるまでに至っていません。党内をまとめられないので政府を攻撃するしかできることがない。本当にだらしない。 アイディアはむしろ与党内から出ています。教育国債は賛否両論ありますし、特に現状では経営努力が足りない大学の救済策になってしまいそうで、現在の案ではやらないほうがいいんじゃないかと思います。子ども保険は、反対意見はあるものの概ね好意的に受け入れられているようです。私は原案にはちょっと不満で...

ご支援くださる方はクリック→