抵抗勢力

今日はこんなコラムです。 橋下徹"これじゃ待機児童は解消しない" 前大阪市長による、待機児童問題と加計学園問題に関してトップの姿勢についてのコラムです。 保育所の建設に対してどのような「抵抗」があるかを説明しています。これは面白い。 三つの抵抗勢力があるそうです。一つは既存の保育所経営者。二つめは行政。三つめは保育経営者の意向を反映した議員。 「保育所がそんなに増えてしまうと子供たちが集まらない保育所が出てきて保育所経営が行き詰まる」という発想です。 加計学園の抵抗構造も同じようなものだそうです。 そういった既存の抵抗勢力を打破するためにはトップダウンの「意向」が必要になることを指摘しています。 全くその通りだと思います。 トップがやる気になればできるわけですが、加計学園のケースをみれば、抵抗勢力の...

ご支援くださる方はクリック→