安倍政権の「やまとごころ」 森友加計問題に見る日本政治の文化的矛盾 – ニフティニュース


ニフティニュース >>記事全文

安倍政権の「やまとごころ」 森友加計問題に見る日本政治の文化的矛盾 >>記事全文
ニフティニュース
改革と民営」に焦点を当て、日本をアメリカのような競争社会にしようと、いわば「新自由主義」的な方向に舵を切り、中曽根と対立するところもあった。「自民党をぶっ壊す」と発言したが、壊したのは「プロの政治」で、結果として小泉チルドレンと呼ばれる素人議員が多数誕生した。

ご支援くださる方はクリック→