保育士不足による受け入れ制限の実態

今日はこんな記事です。 保育施設の25%、保育士ら不足人材取り合いも 先日、大阪では2000人保育園定員を増やしたけど、受け入れ人数は1100人程度しか増えていないらしい、という話を書きました。 どうしてこうなっているのかは未だにわからないのですが、その後、仙台や千葉で、保育施設は作ったが、保育士不足のため定員まで受け入れられていない、ということが起こっているという記事を読みました。 要するに、保育園の「定員」というのは施設をどれだけ用意したかに基づいた数であり、実際に子供を引き受けられる人数とは違うのだということです。 ただ、保育士不足のために定員まで受け入れられない、ということがどれだけ起こっているのかについての数字を見たことはなく、探していたところでした。 今日の記事は、独立行政法人福祉医療機構の調査による約1600施設の...

ご支援くださる方はクリック→