今さらですが、言葉を大事にしない安倍晋三

過日6月3日のチャンネル桜討論『日本人として安倍政権に物申す』の冒頭で、前参議院議員の脇雅史氏が非常に重要な発言をされていますので、記録しておきます。

この討論においては、評論家の佐藤健志氏が提示した「経路依存性」という保守思想を理解する上で必要な概念と水島社長の佐藤氏に対する「じゃあどうするの?」との執拗な問いかけが話題になっていますが、脇前参議院議員が暴露した安倍晋三の国会発言、そして安倍晋三がいかに言葉を大事にしていないかについて、その意味するところを認識し、記憶にとどめるべきです。

(6分頃から、脇前参議院議員の発言です)


今の衆議院議員は2年半ほど前に選挙をやって議員をやっているわけですが、その元になった選挙制度は違憲状態と言われている。3回続けて違憲状態と言われているわけですね。その違憲状態を脱却するために3年ほど前に0増5減というのを作って、それでやった...

ご支援くださる方はクリック→