カネを惜しんで医療の衰退を招くなかれ

日本の医療費は平成27年度に41兆円となり、ここ4~5年で3.7兆円も増加し、その伸び率も3.8%と加速気味だ。特に、75歳以上の後期高齢者向けの医療費は15兆円超と4割近くを占めており、財務省や厚労省辺りの緊縮教信者から悲鳴が上がっている。国のカネをびた一文使いたくない緊縮教徒たちは、医療費削減のために、WHOが提唱する「健康寿命(心身ともに自立し、健康的に生活できる期間)」をゴリ押ししようと必死になり、「禁煙対策・メタボ検診・がん検診」といった予防医療の普及を進めている。最近、厚労省が受動喫煙防止を謳って、日本中の飲食店を禁煙エリア化しようとバカな法案をつくり自民党とひと悶着あったが、こうした拙速な動きも、財務省のような守銭奴から、医療費削減の強いプレッシャーを受けてのことだろう。健康寿命推進による医療費削減については、みずほ総研のレポートに、『この健康寿命が延伸されることによって個々...

ご支援くださる方はクリック→