放送法は守られているのか

今日は、secretary-of-japan氏のコラム増刊号です。本日は「放送法は守られているのか」という稿をいただいております!!! なお、前川氏が存在を明言した前川文書の一連のことを纏めて、一目で問題の概要をお知らせできるようにした前川文書(加計学園関係)のまとめ(追記版)も、ぜひご覧ください。

人気ブログランキング
 アメリカでは、かつて放送事業者はすべて公平であることを放送事業者の許可要件としておりましたが、1984年にアメリカの最高裁が「政府が放送の編集権に介入するのは、表現の自由を認めた憲法修正第一条に違反する」との判断を示し、87年に「公平原則」の運用を停止し、2011年に規則の文言から除去されています。 日本の放送法では、依然として放送法4条の2号「政治的に公平であること。」が求められています。 平成15年頃にNHK番組改編問...

ご支援くださる方はクリック→