多子世帯優遇策をメジャーな意見に

今日はこんな記事です。 婚活後の子育て問うシンポ小池都知事「切れ目ない支援必要」 よくある子育て支援啓発シンポですが、紹介したいのは、その中であった以下の発言です。 婚活サポートコンソーシアムを代表して事務局長の石坂茂氏は、1家庭で3人目の子供が生まれた際、300万円の祝い金を支給することを提言した。 少子化は、三人以上の子をもつ家庭が増えなければ解決しません。こういう意見を少しずつでも多数派にしていければよいと思いますので、今日はここでとりあげます。 正直言って、300万円では足りないと思います(このブログの提案は、三人いる家庭に毎年200万円程度支給する、というものです)。 しかし、まずは第三子に多額のお金を配る、ということを実行するということが大切なのだと思っています。既成事実を作ってしまえば、その後の拡大は難しくありません...

ご支援くださる方はクリック→