政策の優先順位2

今日はこんな記事です。 独身や子なし夫婦も税負担!?小泉進次郎氏が旗振る「こども保険」の落とし穴 こども保険・教育無償化についての解説記事です。 両政策の問題点を簡潔にまとめてあります。以下抜粋です。 「こども保険は現金給付を考えています。しかし保育所が足りず待機児童問題が解消しないなか、お金を配っても使う場所がありません。保育所をもっとつくるなどしてサービスの供給を増やし、介護保険のような現物給付にすべきです。子どものいない人が負担するのは不公平ではないかとの議論もあります」

「教育国債は、教育に使うとはいえ借金は借金です。親世代が負担しなくてはいけないのに子どもたちに借金をつけ回しすることになります。大学進学しなかった人や義務教育しか受けなかった人も将来、納税者として借金の返済をしなければいけません」

「消費税を活用すればいいとの意見...

ご支援くださる方はクリック→