グローバルスタンダード=人権ではない

人権について考える
http://s.ameblo.jp/nyako-0924/entry-12205129146.html


上記の記事でも書きましたが、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏は、「「日本的」なものを守ろうとする考え方は時代錯誤、視野狭窄で、島国根性は人権を軽んじる悪しきものだ」、「グローバルスタンダードを取り入れるのは正しい」と、考えているようです。

人権問題考える際に「ここは日本なんだから…」と国際的な視点を嫌がるのは
http://s.ameblo.jp/oginaoki/entry-12204050048.html


しかし、私は、そんな単純な問題ではなく、尾木氏の認識は甘いと思います。外国や国際機関が日本に「グローバルスタンダード」の採用を求めてくる時は表向きは「日本人のため」と説明していても、本当の目的は外国の国益や多国籍企業の利益拡大で...

ご支援くださる方はクリック→