幼児教育無償化は少子化対策なのか

今日はこんなインタビューです。 小泉進次郎こども保険で幼児教育無償、待機児童対策も 「こども保険」提案者の小泉議員と村本議員に対するインタビューです。 長い記事なのでまとめづらいですが、重要な点を抜き出してみます。 ・こども保険のターゲットは幼児教育無償化だが、待機児童対策にも使える。・バウチャー制度(現金給付ではなく、教材など教育目的の支出にしか使えない)もあり得る。・教育への投資が重要。 本気度は伝わってくるし、おそらく少子化対策について最も深く考えている議員さんなので応援したいのですが・・・。 ざっと読んで思ったのは、こども保険は「子供の数を増やす」ではなく「子供の教育環境を良くする」ことを目指した政策なんじゃないか、という疑問です。 夫婦が子供を産むことを躊躇する理由が教育にかかる費用であることは間違いありません...

ご支援くださる方はクリック→