時間差一夫多妻制

今日はこんな記事です。 結婚離婚を繰り返す「時間差一夫多妻制男」の共通点(上) 少子化対策として「一夫多妻制」を復活させてはどうかという意見が、本気かどうかはともかくとして、たまに出てきます。時代の流れからして無理だと思いますし、そもそも少子化対策としての効果はないと思います。 ところで未婚率のデータを見ると、女性に比べ、男性の未婚率が2倍近く高いことに気づきます。結婚は男女1:1で行われるはずで、一見おかしいのですが、現在世の中の夫婦の1/4は離婚してしまう、と考えると簡単に説明できます。つまり、既婚男性は離婚しても再婚することが多いため、このような結果になっているのでしょう。 ということは、生涯で見ると一夫多妻制はすでに実現していた、ということになります。先日このことに気づいてブログを書きました(こちら)。 今日の記事によれば、すでに...

ご支援くださる方はクリック→