H29少子化白書を読む2 第1部 第1章 少子化をめぐる現状

今日は第1章で、主に現状分析と予測です。データは主に2015年の結果が使われています。 1出生数、出生率の推移 ・2015年は出生数・合計特殊出生率とも前年を上回りました(2016年はまた下がりましたが、白書の執筆時は数字が出ていなかったと思われます)。 ・女性の年齢別出生率というデータが出ています。1975年には女性の出産は25歳がピークだったのに対し、2015年には30歳がピークで、晩産化の傾向が明らかです。 ・人口の将来予測が出してあります。合計特出生率がちょっと上がったおかげで人口減少の速度が緩和した、と言っていますが、国立社会保障・人口問題研究所の予測はかなり楽観的なので信じてはいけません。 2婚姻・出産の状況 ・婚姻数・婚姻率とも2015年は過去最低です。 ・生涯未婚率の経過と予測が示されています。生涯未婚...

ご支援くださる方はクリック→